カートに商品がありません。

shinzai

2種類の独自芯材が、身体をサポートする

グラウディングマットは100kgの重さが掛かっても沈むことのない強度を持つ発泡ポリプロピレンの芯材を採用しており、寝ている人の姿勢を正しい位置に保ち、体圧を分散します。(※現在は生産完了品)
この白い芯材はグラウディングマットが開発時に独自設計されたもので、特殊な金型で発泡されています。更には『体幹部矯正誘導用芯材並びにこれを用いたマットレス』登録番号5464559号という名称にて特許を取得しています。

これまでの低反発マットレスは重い部分が沈むことで包み込まれるような寝心地を実現することを目的としていましたが、グラウディングの芯材はより良い姿勢での睡眠を目指すこと、また体重をしっかりとサポートすることを目的としています。

更に進化した『新型グラウディングマット』の芯材とは

2010年に発売した初代グラウディングマットから7年経ち、「もっと軽くて軽量なマットが欲しい!」という要望によって2017年に誕生した新グラウディングマットに採用されているものです。白い発泡ポリプロピレンの芯材とは異なりウレタンで形成されています。

厚みが19センチだった初代グラウディングマットに比べて、新型グラウディングマットは7センチと「12センチ」「63%」も薄くなりました。これによってマットレス折りたたみ時には36センチも薄くなり、自由な収納が可能になりました。
製造工程と原材料の見直しによって初代グラウディングマットから大幅にコストダウンを実現しました。